九州支部について

弁理士は知的財産の専門家です!

支部長ご挨拶

 

平成30年度の日本弁理士会九州支部長に就任しました東 和博(ひがし かずひろ)です。就任にあたり、ご挨拶申し上げます。

日本弁理士会九州支部は、日本弁理士会の地域組織として、九州・沖縄8県(福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)で活動する約240名の弁理士により構成されています。

当支部は、知的財産の創出、保護、活用を通じて中小企業等の皆様の事業活動を支援するため、弁理士による常設相談会(毎週木曜日)を支部室(福岡市)で実施し、また、各県の知財総合支援窓口や起業支援相談会(福岡市)等に弁理士を派遣する活動を行っています。

また、知的財産を身近なものとして知って頂くため、各県の自治体等が行う知的財産セミナーや各県の高専等の学校で行われる知財授業に弁理士を講師として派遣し、さらに知財普及のためのイベントやPR活動も積極的に行っています。

九州・沖縄はアジア諸国に最も近いことから、当支部は海外事業を展開する企業の支援にも積極的に取り組んでいます。昨年度は九州経済国際化推進機構の海外交流ミッションに当支部として初めて参加しました。

今年度は、これまで積み上げてきた活動をベースにし、九州・沖縄地域の経済と産業発展に貢献する活動を広く展開してまいりたいと考えております。

今年度の事業計画の柱には、以下の項目を挙げています。

  1. 「知財広め隊」等を通じた知的財産の普及・支援活動
  2. 広報活動の強化
  3. 企業の海外展開に向けた支援
  4. 研修会・勉強会・交流会の企画および運営
  5. 熊本地震復興支援

支部会員及び関係者の皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

日本弁理士会九州支部
平成30年度支部長 東 和博

支部組織

組織図をクリックすると名簿を表示します

支部組織
毎週木曜日無料相談会開催
あなたのお近くの弁理士を探す
ページトップへ