九州支部について

弁理士は知的財産の専門家です!

支部長ご挨拶

 

平成29年度の日本弁理士会九州支部長の就任にあたり、ご挨拶申し上げます。

日本弁理士会九州支部は、東京に本部を置く日本弁理士会の地域組織であり、福岡市に支部室を置いています。今年度は九州支部が発足して12年目に入り、福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県の8県に亘って、特許事務所、法律事務所、企業、大学・高専等で、約200名の弁理士が活動しています。

これまでの会員諸氏の努力により会務組織も充実し、九州支部の活動も活発化して参りました。特に昨年度は、国際活動委員会を新たに立ち上げ、企業の国際化に向けた研修や勉強会を開催しました。しかしながら、地域の企業や住民の目線でみた場合、弁理士制度やその業務についての認知度に付きましては、まだまだ向上の余地があるものと思われます。今年度は、これまで積み上げて参りました活動をベースにし、会員相互のより一層のまとまりの推進を図り、九州支部の広報に力を入れるとともに、地元企業や個人の方々の知財活動に対する支援等を通じて弁理士制度及び知的財産制度の普及に努めていきます。また、九州地域の経済及び産業の発展のため、さらなる外部関係機関との連携の強化を図るとともに、H28年に発生しました熊本地震に対し、知的財産を活用した復興支援に繋がる様に、尽力する次第です。

今年度の事業計画の柱としては、以下を揚げています。

    1. 知的創造サイクルの活性化と、弁理士の業務環境の改善(中小企業の知財マインド向上のための地域セミナー開催)
    2. 地域ニーズに対応した知的財産普及活動(地域の支援機関との連携強化)
    3. 広報活動の強化(地元メディアの活用、イベント参加)
    4. 企業の海外事業展開に向けた支援(アジア地域への進出支援)
    5. 研修会・勉強会・交流会の企画及び運営
    6. 熊本地震復興支援
    7. 支部組織の見直し及び改善

支部会員及び知財関係者の皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

日本弁理士会九州支部           

 平成29年度 支部長 吉永 純一

支部組織

組織図をクリックすると名簿を表示します

支部組織
毎週木曜日無料相談会開催
あなたのお近くの弁理士を探す
ページトップへ